自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

保険会社との示談交渉で有利に進めるテクニック - 交通事故

   

自動車事故の示談をするには、誰を交渉相手とするのでしょうか?

加害者が任意保険に加入している場合、保険会社の担当者が加害者の代理人となって示談交渉をすることが多いです。

と言うのも、一般的に任意保険の賠償保険には示談交渉サービスが付いているからです。

つまり、被害者は加害者本人ではなく、加害者の代理人として保険会社の担当者と示談交渉をすることになります。

対物事故の場合は保険会社の代理人の他に、アジャスターと呼ばれる自動車の構造に詳しい専門家も付く場合があります。

被害者が有利に交渉をするには

保険会社の担当者は何件もの示談交渉を行ってきているので、被害者が有利に交渉を進めることは非常に困難です。

知識量や経験においてプロに勝ることは一筋縄ではいきません。

しかし、保険会社の交渉はマニュアル化や社内規則によって、パターン化されていることが多いのです。

そこで、保険会社の示談交渉パターンを予め知っておくことで、比較的有利に交渉を進めることが可能となります。

保険会社の示談交渉パターンの攻略

保険会社は収益を上げるために、できるだけ支払う保険金を少なくしようとするモチベーションが働きます。

被害者が安易に妥協してしまうと支払われる保険金は少なくなってしまうので、粘り強く複数回(最低3回)交渉をするようにしましょう。

1回目:初めは自賠責保険に少し加算した額を提示してくる

保険会社はできるだけ支払う保険金を安くしようとしてきます。
初めての交渉では自賠責保険に少し加算した額で交渉を試してくる場合が多いので、被害者は日弁連の基準額を提示しましょう。

2回目:保険会社は日弁連基準の70%~80%の額を提示してくる

被害者から日弁連の額を提示されると、保険会は日弁連の70%~80%の額を提示してきます。
被害者はさらに客観的な資料を提示して保険金の額の正当性を示しましょう。

3回目:日弁連基準に近い基準で提示してくる

被害者からの資料を評価してくれると、日弁連基準に近い基準で保険金の提示を貰う事ができます。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 示談交渉の進め方