自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

契約者が死亡した時の自動車保険の名義変更について

   

Roy's Funeral
病気や事故などで、自動車保険の契約者が亡くなってしまった場合、自動車保険はどうすればいいのでしょうか?どのようなことをしなければならないのでしょうか?また、亡くなった方の車を家族が運転していて事故を起こしたらどうなるのでしょうか?

人が亡くなると、その方が持っていた権利が宙に浮いてしまいます。財産・資産だけでなく、自動車保険もです。契約者死亡の場合の自動車保険についてみていきたいと思います。

自動車保険の契約者が死亡してしまった場合

自動車保険の契約者死亡となってしまった時には、保険契約者の変更手続きをしなければなりません。

但しこの変更手続きで名義変更するに当たっては誰でもいいわけではありません。自動車保険は相続の対象になっているので、法定相続人つまり家族が引き継ぐことになるのです。

相続人が引き続き自動車保険を継続する場合は、名義変更手続きを行い、契約者を相続人の名前に変更するだけの簡単な作業です。

契約者と記名被保険者が同一の場合

この場合は死亡した方が契約して、かつ保険対象者をも本人としている場合です。この場合は契約者だけの名義変更だけではなく、記名被保険者の名義変更もしておかなければなりません。

ここで問題になるのが等級です。契約者死亡の場合に等級が相続人に引き継げるのか?ということです。実際は等級は引き継ぐことができます。

例えば亡くなった方が20等級だった場合、死亡したことで、この20等級が宙に浮いてしまうのです。そのため、記名被保険者の名前を死亡した人から、相続を受けた人に変更することで、20等級はそのまま相続人の方に引き継がれます。

では、この記名被保険者の名義変更をするにはどうしたらいいのでしょうか?この場合も、なるべく早めに損害保険会社に連絡して名義変更の手続きをするだけで大丈夫です。

自動車保険に年齢条件や夫婦限定条件が付いていた場合

この場合に注意が必要なの条件付きという保険です。この時の補償範囲に注意することです。

例えば35歳以上の条件を付けていた保険だった場合に、名義変更した方が25歳だったとしたらこの保険の対象者にはなれません。この場合は名義変更した保険の限定条件を変更または解除しなければなりません。葬儀などで忙しいさなかなので、条件を見落とすケースも多く存在していますので、名義変更する場合は条件欄を確認することが重要です。

夫婦特約が付いている保険を名義変更した場合にも注意する点があります。例えば名義変更した方が結婚していた場合です。もともとは両親が付けた夫婦特約ですが、名義変更したことによって子供の夫婦の条件に変わってしまうのです。

母親が保険対象者から外れてしまうことになってしまいます。母親が運転しなければ問題はありませんが、運転するようであれば、夫婦特約を解除して補償対象の方の見直しをする必要性があります。

まとめ

保険契約者が死亡した場合の自動車保険を引き継ぐ時には細心の注意をしてください。自動車保険の名義変更は簡単にできます。

契約者と記名被保険者の名前が同じ場合も両方名義変更すれば補償は大丈夫です。

自動車保険の名義変更するときには、条件付きや特約がどのようなものか確認してから名義変更してください。

人が亡くなった場合、特に身内のかたっだた時はかなりバタバタしてしまいます。ある程度落ち着いてから自動車保険の名義変更や契約内容を確認した方が間違いは少なくなります。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険契約中の手続き