自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

結婚した時の自動車保険の名義変更について

   

food-couple-sweet-married
結婚は人生のうちで最大のイベントです。幸せの絶頂の時に車を運転していて事故を起こしてしまい、いざ自動車保険を使おうと思ったところ自動車保険が使えないと保険会社から言われたら、悲劇としかいえません。

そうです、結婚で姓名が変わったにも関わらず、自動車保険の名義変更を忘れてしまったことで、保険が使えないことになったら一大事です。結婚したばかりで、こんなことは誰もが嫌です。

そうならないために、どうしたらいいのでしょうか?また、名義変更はいつ行えばいいのでしょう?

結婚で姓名が変わる場合には自動車保険の名義変更は必要

結婚するまで、親と同居していて自分の車を持っていて、自動車保険の契約者が本人と言うケースはさほど多くは無いはずです。

大体の方は、親の車を運転している方がほとんどで、契約者が親で記名被保険者があなたというケースです。このような場合、結婚して姓名が変わったしまった場合は、家族限定自動車保険の適用がされなくなります。別の家族になってしまうためです。

それに、姓名が変わった後では、自動車保険の名義変更もできなくなります。そうなると、当然今までの等級も引き継ぐことができません。等級を引く継ぐためには結婚して姓名が変わる前に名義変更をしておかなければなりません。

結婚して別の家に移り住んだ後、実家に寄った時に親の車を運転する場合もあると思います。この場合も親の車の自動車保険が家族限定だった時には、保険が使えません。親の車を使用する場合は自分の自動車保険に他車運転特約をつけるか、親の自動車保険の家族限定を外してもらうのどちらかになります。

自分名義の車で自動車保険の契約者も自分の場合

結婚する以前に自分で車を購入して自動車保険にも加入している場合、結婚してもその車を乗り続けることは多々あります。結婚して姓名が変更になっていても、自分は自分という考えはやめてください。保険上は別人扱いされる可能性があります。

姓名の変更になった場合でも契約者本人であれば、保険は使えますが、本人確認のためにいろいろな書類を提出しなければならなくなります。これは非常に手間がかかる作業なのでできれば避けたいところです。

ですから、結婚したと同時に保険会社に姓名が変わることを伝えておけば、名義変更手続きは簡単に済んでしまいます。

別居したら他人になる

結婚して親と別居になった場合は、自動車保険上家族とはみなされません。別居しても家族と認められるのは、未婚の子だけです。

ここで注意が必要になるのは、離婚して現在未婚の方の場合です。保険上の未婚の子とは婚姻歴がないことを指していますので、婚姻歴が一度でもあれば未婚の子とはされません。

但し、結婚して姓名が変わっていても、親と同居している場合は、家族とみなされますので、自動車保険の家族限定特約は有効になります。その場合も、自動車保険の名義変更は必要ありません。

まとめ

結婚して姓名が変わった場合の自動車保険の名義変更について紹介しました。

  • 結婚して姓名が変わった場合は自動車保険の名義変更は必要
  • 親の保険を名義変更する場合は姓名の変更する前に行わないと等級が引き継げない
  • 契約者が本人であっても、姓名変更時は名義変更が必要

などがわかりました。何らかの変更があれば必ず名義変更が伴うということです。

結婚して幸せ絶頂で忘れがちになりがちな自動車保険の名義ですが、いざという時のためにも姓名が変わったと同時に変更するようにしてください。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険契約中の手続き