自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

自動車保険で家族の等級を引き継ぐ事ってできるの?

   

photo-1432462770865-65b70566d673
自動車保険の保険会社を乗り換えるという場合には、保険の等級を引き継ぐ事ができるようになっています。

それでは、家族間で保険の等級を引き継ぐとはどういう事なのでしょうか? そういう事ができるのでしょうか?

保険の等級を引継ぐメリット

そもそも、保険の等級をなぜ引き継ぎたいのでしょうか?

通常、6等級からスタートする保険等級。 一年間保険を使わなかった場合に保険等級が1等級上がります。 保険の等級が上がると、保険料の割引率が高くなるのでそれだけ保険料が安く抑えられる事になります。という事は、ベテランドライバーほど保険料が安く抑えられるという事です。

これに対し、免許取得したばかりの若者(子供)が自動車保険に加入する場合、6等級からのスタートなので保険料の割引率が低くなる上に年齢条件などから保険料が高くなります。

では、そんな場合にベテランドライバーの親世代の保険等級を子供が引き継ぐ事ができれば、保険料を抑えられる事となりますよね。

家族間で保険の等級を引継ぐ

それでは、家族間で保険の等級を引き継げるのかを説明していきましょう。
まず、等級を引き継ぐにはいくつかの条件がありますので順番にみていきましょう。

新しく加入する保険が開始となる日が、前の契約の満期日もしくは解約日から起算して7日以内であること。これを超えると等級の引き継ぎはできなくなります。

車を買い替えるような場合には、引き継ぎができる車が保険会社毎に定められているので、注意が必要です。 現在契約の車を新しい車に入れ替える(通常、車両の入れ替えと呼ばれています)為に必要な条件が3つあります。

車両の入れ替えの条件

①入れ替え後の車の所有者が、入れ替え前の保険契約者と同一か、契約者の配偶者か契約者の同居の親族、または配偶者の同居の親族に該当していること。 この場合、子供であっても、同居していない子供は該当しないので注意が必要です。

②入れ替え後の車種のグループが同一でないとならない
(例)二輪自動車から普通乗乗用車への乗り換えの場合はダメ

③入れ替えの理由が以下の2つのどちらかでないとならない
・新しく取得した車に入れ替える
・乗っている車を廃車にする場合

これらの条件を満たしている場合には、等級の引き継ぎが可能です。

子供たちが大きくなり免許を取り、車を運転するようになると自動車保険料が上がる事を回避する事はできませんので、少しでもその増額を抑えたい、そう思うのは当然の事ですよね。

そうなるとこの家族間での保険等級の引き継ぎは賢く保険料の支払いの増額を抑える方法といえるでしょう。

保険を付け替える方法

保険等級の入れ替えの他のケースも少しご紹介しましょう。

一家で複数台の車を所有している場合に、1台減らそうなどというケースになった場合、等級が低い(=保険料が高い)自動車保険を解約し、残した車に等級の高い(=保険料が安い)保険を付け替えるという方法もあります。

このように、保険等級を引き継ぐことで保険料を抑えられるというケースがけっこうあるんですね。

もしも、子供さんが車を購入し運転するようになった場合には、ご自分が加入している保険会社に気軽に相談してみるのがいいようです。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険料の割引制度