自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

交通事故で保険を使わない方がメリットがある場合について

   

pexels-photo-54277
交通事故を起こした場合に保険会社から今回は保険を使わない方がお得ですと言われて保険を使わなかったという経験があるという方やそういう話を聞いたことがあるという方、けっこう多いのではないでしょうか?

これって一体どういう事? 保険を使わないほうが良いなんて、なんの為の保険なの?と思いませんか?

それでは、どういう場合に保険を使わない方がメリットがあるのかについてみていきましょう。

まず、自動車保険に保険等級というのがあるのはご存知でしょうか?

1等級から20等級までの等級があり、新規に加入した場合6等級からスタートすることとなります。 1年間保険を使わなかったり無事故だった場合に等級が一つ上がる事になります。

ただし、この等級「事故あり」と「事故なし」とに分類され、等級だけでなく事故の有無により保険料が大幅に値上がりしてしまうという結果になってしまいます。

また、「事故あり」等級というのは、「事故なし」等級と違い保険を使った年の翌年の更新から3年間引き継がれる事になります。

この「事故あり」等級は他社へ保険の乗り換えをしたとしても引き継がれるものです。通常、事故を起こした場合に保険を使うと3等級ダウンしてしまいます。

平成25年に自動車保険制度の大幅な改正があるまでは、等級に影響しないノーカウント事故と呼ばれるものがけっこうありましたが、改正後は等級ダウンに該当する事故が増えてしまいました。

このことからもわかるように、交通事故で保険を使う場合にはほとんどが等級がダウンすることになり、保険料が上がる事となります。

保険を使う方がいいのか使わない方がいいのかはどうやって判断したらいい?

人身事故や大きな事故の場合を除き、物損事故でその損害額が10万円程度であった場合には、保険を使うかどうかを迷うところだという話を耳にした事、ありませんか?

私自身、家族が事故を起こし損害額が10万円前後だったことで保険を使わずに自己負担で修理をしたという経験があります。

その時にどのような流れから保険を使わずに処理をするようになったのかお話しましょう。

まず、事故が起きたら誰もが保険会社に連絡をし、事故の詳細について話しますよね。そのように話をしたところ、保険会社の担当者の方から「その程度の事故なら保険を使わない方が得かもしれません」と言われました。

それじゃ、何の為の保険?何の為に保険料を支払っているの?と思った私に保険会社の担当者が、「保険の等級が下がるとその等級を3年間引き継ぐので、3年間保険料が上がってしまいます。」と説明してくれました。

そして、保険を使った場合の今後3年間の保険料の見積りを出してもらい、その金額と、事故の損害額のどちらが高いのかを比較してみました。

私の場合、本当に差がほとんどありませんでした。 そこで、今後車を買い替える事なども加味して考え私は保険を使わずに処理する事にしました。

このように保険を使うか使わないかの判断は、1年目だけではなく3年先まで計算して判断するといいでしょう。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 保険金の請求