自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

自動車保険の長期契約のメリットとデメリット

   

pexels-photo (6)
皆さんは自動車保険の契約が1年ごとの更新だけと思っている方はいませんか?

確かに自動車保険は1年更新が主流です。しかし中には2年や3年等の長期契約が出来るでのす。

長期契約では、契約当時の等級や保険料金などがあり、注目度も高くなってきています。ただし、この契約内容を理解していなかった為に、満期後の保険料が2倍以上にも跳ね上がったケースも存在しています。

では長期契約の自動車保険のメリットやデメリットは何があるのでしょうか?長期契約の自動車保険は1年更新の自動車保険と違いがあるのでしょうか?

長期契約自動車保険のメリット

長期契約自動車保険は各自動車メーカーのディーラーを中心に商品展開がされています。新車購入時に3年間の長期契約自動車保険に加入し、車検ごとに自動車保険を更新する事ができます。

長期契約のメリットとして考えられるものとして下記が挙げられます。

長期契約のメリット
①3年契約の場合、一年ごとの契約更新手続きが不要。
②無事故を契約の前提として2年目・3年目の保険料が決まっている。
③保険契約中の間は保険料は変わらない。

自動車保険契約期間中に事故を起こしたり、ゴールド免許では無くなった場合でも、保険契約期間中は保険料は変わる事がありません。

長期契約自動車保険の落とし穴

自動車事故で保険金を請求すると、1年契約・長期契約にかかわらず、保険の等級は下がります。保険等級が下がると言う事は保険料金が値上がりすると言う事につながります。

等級は契約満期で見直されるので、1年契約の場合は翌年の保険料が上がります。長期契約の場合は、契約満期まで保険料は変わりがありませんので、小さい事故を起こして車両保険を請求しても等級が契約期間中は保険料があがりません。

実は、ここが落とし穴なのです。

保険料が変わらない事で錯覚に陥ってしまい、契約満期の時に状況によっては保険料が2倍に跳ね上がっている事も考えられるのです。この様な事態に陥らない為にも、小さい事故で車両保険を使う場合は、保険契約満期後の金額や、自費で車を修理した方がいいのかを、保険担当者に聞いた方が得策と言う事になります。

同じ保険会社で長期契約した方が得なのか?

契約満期が近付いた時に次回契約のお薦め内容と金額が表示されますが、この時に、同じ保険会社で長期契約と1年契約した時の保険料を比較すると、長期契約した方が若干のお得となります。

次にダイレクト型の保険会社との見積もりを比較すると、ダイレクト型で1年契約の方が得になる場合があります。自動車保険の内容にもよりますが、同じ会社で契約するにしても、契約更新が近づいた時は他社でも見積もりを取る事で保険料金の見直しを図る事が出来ます。

まとめ

自動車保険の長期契約について紹介しました。

  • 長期契約した場合更新手続きが不要
  • 2年、3年目の保険料が決まっている。
  • 保険契約期間中は保険料が変わらない。
  • 事故で保険料を請求した場合は契約満期時に等級が決まるのは1年契約の場合と同じ
  • 保険料が変わらないので、保険料金が上がらないと錯覚してしまう

等が、長期契約のメリット・デメリットと言う事になります。

事故を起こした時には確かに自動車保険や役に立ちますが、自損事故で車両保険を使う場合は慎重に考えて使うか使わないかを考える必要があります。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険の基本