自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

他人名義の車を運転するときの自動車保険の注意点

   

road-people-street-smartphone
自分以外の車を運転する事がある方はかなりいると思います。友達の車や彼女の車・家族の車など様々なシーンで他人名義の車のハンドルを握ります。

この時、もし事故起こしたら保険はどうなるのだろうか?と考えた事もあるでしょう。

保険が効かない場合、被害者に対する損害補償の金額はかなりの高額になってしまいます。他人名義の車を運転する時は、自分の自動車保険を使う事ができるのでしょうか?また、自動車保険を作る時に特約があるのでしょうか?

自動車保険に加入していれば大丈夫

他人名義の車を運転している時に、事故を起こしてしまった場合、その車の自動車保険を使ってしまうと、車の持ち主の保険等級が下がってしまいます。それに他人名義の車の修理を自腹で支払わなければならなくなります。

自分の自動車保険が使えればと思う事は多々あると思います。実は他人名義の車を運転していて事故を起こした場合でも、自分が加入している自動車保険を使う事ができるのです。

そんな事が出来るのか?と思う方もいると思いますが、自動車保険は、対人補償・対物補償だけではありません。自動車保険のほとんどには「他社運転特約」がついています。

他人名義の車を運転して事故を起こしてしまった場合は、この「他社運転特約」を使う事で、車の持ち主の保険を使うことがなくなります。

但し、注意しなければならないのが、この特約が契約と同時に自動で附随されない場合もあるので、他人名義の車を運転する前に保険内容を確認しておくことが必要になります。

他社運転特約を使える範囲の人は?

自分の自動車保険の他社運転特約の適用できる人は本人だけなのでしょうか?

この他社運転特約は保険契約者以外の人でも使う事が出来るのです。

他社運転特約が使える人は下記のような人になります。

  • 契約者本人
  • 契約者の配偶者
  • 契約者又は配偶者の同居の家族
  • 契約者又は配偶者の同居をしていない未婚の子供

意外にも広範囲で使用する事ができます。

他人名義の車を運転する場合の注意点

自分が自動車保険に加入していない場合、気をつけなければならない事があります。

例えば実家に帰省した際に親の車を使う場合や、彼女の車を運転する場合に確認しなければならない事があります。それは、限定と言うものです。

  • 実家の車の場合は「家族限定」や「夫婦限定」
  • 彼女の車の場合は「本人限定」や「家族限定」

と言った具合に保険の対象者が設定されています。

この限定がついたまま運転して事故を起こしてしまった場合、自分も保険に加入していない時には、高額の損害賠償請求が課せられてしまいます。この限定がついている場合は、車の運転をしないか、限定を外してもらうしかありません。

まとめ

他人名義の車を運転して事故をした場合の保険について紹介しました。

  • 自分の自動車保険の「他社運転特約」が使う事が出来る。
  • 他社運転特約が使える範囲が配偶者や同居の家族・別居の未婚の子供までが範囲。
  • 他人名義の車を運転する場合で自分が自動車保険に加入していない場合は、運転を避ける又は他人名義の車の保険の限定部分を外してもらう。

自分の自動車保険が使える事を知らない方もまだまだ多くいると思います。一度自分の自動車保険の内容を再度確かめてみるのも必要ですね。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険の基本