自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

自動車保険の事故対応の比較

   

pexels-photo (5)
自動車を保有している方なら、任意保険に加入していると思います。損害保険に加入していないと、事故を起こした時に大変な事態に陥る可能性が高いです。

特に人身事故を起こしてしまった時には、損害賠償金として億単位を請求された事例もあります。

事故を起こさないのが一番なのですが、仮に事故を起こしてしまった時に、損害保険会社はどのような事故対応をしてくれるのでしょうか?

また、通販型自動車保険を取り扱っているダイレクト系損害保険会社は、申し込みからインターネットや電話だけなので、ちゃんと事故対応してくれるのか不安でもあります。代理店型とダイレクト型の損害保険会社を比較していきたいと思います。

ダイレクト型自動車保険で事故対応は大丈夫なのか?

インターネットや電話だけで申し込みが出来るダイレクト型保険会社は、事業の合理化を図り保険料の安さをメリットにしています。

事故を起こした時に、担当者の顔も知らないのにちゃんと事故対応してくれるのか不安があります。

では代理店型の自動車保険は事故対応をちゃんとしているのかと言われればそちらも疑問に感じます。両社を比較してみると、確かに代理店型の拠点数はダイレクト型に比べても10倍近くの拠点数があります。

この拠点数が多いからと言って安心してはいけません。拠点が多いから事故対応も迅速だと思っていたら、完璧に間違いです。売上金額から計算すると保険契約一件あたりの拠点数はダイレクト型の方が充実しています。

事故を起こした時の対応を比較しても代理店型でもダイレクト型でも、ほぼ同じと言う事になります。

事故対応に両社で違いが発生するのか?

事故を起こした時やもらい事故にあった時に、ダイレクト型自動車保険に加入していたので、担当者が事故現場に来なかった。などの口コミを見かけたりしますが、実際事故現場には代理店型の担当者も来ません。これは明らかに思いこみなのです。保険会社の担当者が来ても何もする事がないのです。警察の対応や相手方の連絡先や保険会社の連作先を聞いたりするのは、事故当事者で行うからです。

では、実際に事故に遭い保険会社に連絡をした場合に保険会社が対応するのは、当事者が加入している自動車保険にロードサービス特約の有無です。ロードサービスがあればレッカー車が来て車を運んでくれ、かつ代車まで用意してくれます。

この対応時間が早いか遅いかも比較される事になります。事故後に病院に通院する過程で相手方との話し合い(示談を含む)対応がちゃんとされ、その報告が遅滞なく契約者に届くのかも比較にはいります。これらの対応が悪い損害保険会社はほとんど見られません。事故対応も代理店型自動車保険・ダイレクト型自動車保険の対応には問題は基本的にはありません。

まとめ

代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険の事故対応を比較した結果としては下記のことが言えます。

・拠点数の差は大きいが保険契約1件の拠点数には差がない
・事故当事者への対応の差もほとんどない

では、どちらが事故対応に優れているのか?との答えは損害保険会社自体ではなく、担当者の対応の良しあしで決まってしまいます。

会社が大きいから対応が良いと言うのは間違いなのです。担当者次第で損害保険会社の事故対応に差が生じるのです。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険料の割引制度