自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

軽自動車の車両保険の必要性

   

road-sunset-desert-travelling
新車を購入した時や中古車でも価格帯が高い車を購入した場合、車両保険に入る方が多いです。それは車が普通車の場合はかなり多くなります。

では軽自動車ではどうなのでしょうか?軽自動車で車両保険に入る必要性はあるのでしょうか?もし、車両保険に入ろうと思った場合にどのようなタイプの車両保険がいいのでしょうか?

車両保険の種類

自動車保険を掛ける時には車両保険を入れるか入れないかの判断に迷うかと思います。車両保険と言っても1種類しかないわけではありません。

①オールリスク型車両保険

一般車両保険と呼ばれるものです。これは車同士の事故だけでなく、自然災害や自転車との接触事故・自損事故・盗難・飛び石・いたずらまで車が損傷した場合には保険が適用されます。その分保険料は高くなります。

②エコノミー型車両保険

オールリスク型に比べ車両がキズ付いた時の状況によっては保険適用外になってしまうケースがあります。飛び石やいたずら等は補償範囲内ですが、自損事故の場合は適用外になってしまいます。 その分保険料は安くなります。

この2種類の車両保険を上手く使う事が保険料を安く抑える事になります。

軽自動車に車両保険をかける必要性はあるのか?

これから軽自動車を新車や中古車で購入しようと考えている方もいると思います。任意保険は確実に掛ける事は当然ですが、車両保険となると考えてしまいます。まして、軽自動車だと余計に考えてしまいます。

軽自動車の車両保険は、普通車の車両保険と比べて比較的に安めの金額で設定されています。経済的負担は普通車よりははるかに少ないです。それでも車両保険の必要性を考えると二の足を踏んでしまいます。

軽自動車だから車両保険まではいらないと思っている方も当然多くいらっしゃいます。セカンドカーなら車両保険は必要ないのかもしれません。しかし、メインで軽自動車に乗っている方はどうなのでしょうか?よく考えてください。事故は自分だけが起こすわけではないのです。相手の過失による事故の遭遇する可能性も十分高いのです。

この時に事故の過失割合で保険料が決まりますが。車同士の事故の場合、10:0の過失割合はほとんどと言ってありません。追突されたとしても、過失が発生するのです。

自分の過失割合が発生した場合、車を修理する時に自腹を切るケースも出てくる可能性があるのです。この時車両保険に加入していた場合は自腹を切らずに保険を使う事で、車の修理が可能になります。自損事故ではないので車両保険を使用しても等級には影響がありません。

車両保険に入っておいた方が得ではないかと思えますが、実際車両保険に入る場合は、その軽自動車の価値価格で判断した方が良いでしょう。

車両価値価格よりも保険料が高い場合は車両保険に入っても保険料が割高になってしまいます。
車両保険に入る場合は、新車で購入した場合と中古車で購入しても車両価値価格が高い場合のみに限られます。その場合でもオールリスク型よりエコノミー型の車両保険の方が保険料的には経済的といえます。

まとめ

軽自動車に車両保険の必要性があるのかについて紹介しました。

  • 車両保険にはオールリスク型とエコノミー型がある
  • 車両価値価格で保険に加入するかしないかを判断する
  • 車両保険に加入する場合はエコノミー型が経済的

軽自動車に車両保険の必要性があるのかについては車両価値価格の高低によって判断するのがベストな選択になるのではないでしょうか。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険の基本