自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

自賠責保険の請求手続きってどうすればいいの?

   

bookkeeping-615384_1280
車を運転する人なら誰もが加入しなければならない保険が自動車損害賠償責任保険(通称:自賠責保険)です。

自賠責保険は法律で加入することが強制されているので、「強制保険」という言い方をされています。

この自賠責保険は被害者への救済を目的としているので賠償の対象は人とされています。ここでいう人というのは、死傷した相手側の運転者やその同乗者、または事故に巻き込まれた歩行者などを指しています。

注意しなくてはならないのが、事故の加害者のケガについては賠償金が支払われることはないという点です。

また被害者保護の立場から、他人を事故に巻き込んだ加害者に過失がないという場合でも賠償責任が発生する事が一般的で、このような場合を「無責任過失」と呼んでいます。

自賠責保険の請求の手続き

事故を起こした場合で自賠責保険金を請求するときは、加害者からの請求と被害者からの請求の2通りの方法があります。

どちらから請求する場合でも、加害者の自動車が契約している自動車保険会社に必要書類を添付し必要事項を記入し提出することになります。

それでは保険金をどちらが請求するかに分けて説明していきましょう。

加害者側からの請求の場合

事故を起こし、相手を死傷させた加害者側が保険会社に保険金の請求をすることを「加害者請求」といい、原則として当事者間での示談が成立していることが必要です。

加害者から被害者に対して賠償金を支払っている事が前提で、治療費等の領収書を保険会社に提出し請求することとなります。

また、保険金の請求は原則として、被害者に賠償金を支払った日から3年で時効となります。

被害者側からの請求の場合

前述したように、事故の被害者が加害者の加入する保険会社に対して保険金を請求することを「被害者請求」といいます。

これは、加害者に治療費等の支払い能力がない場合や、示談交渉などがなかなか成立しない場合などに使われます。

自賠責保険は被害者保護を目的としている為にこのように被害者からも保険金の請求を認めているというわけです。

またこの被害者からの請求も加害者請求と同様に3年の時効があり、いつから2年かというのを以下に説明します。

  • 死亡した場合には、その日から3年以内
  • ケガをした場合には、その日から3年以内
  • 後遺障害があった場合には、その症状が長期に続くと判断された日から3年以内

保険金の請求から支払いまでの流れについて

1.請求書を提出する
請求者は、保険会社へ自賠責保険の請求書類を提出する

2.損害調査を依頼する
保険会社は、請求者から提出された請求書類を確認して損害保険率算出機構の調査事務所に調査を依頼する

3.損害を調査する
調査事務所は、事故の発生状況や自賠責保険の対象となる事故かどうか、事故と傷害の因果関係や発生した損害額などを公正かつ中立な立場で調査する

4.損害を報告する
調査事務所は保険会社に調査結果を報告する

5.保険金を支払う
保険会社は支払額を決定し、請求者に保険金を支払う

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 保険金の請求