自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

自動車保険の乗り換え手続き - 満期前と満期後のメリットとデメリット

   

numbers-time-watch-white
自動車保険の一括見積もりを取ってみた経験のあるという方の中には他社の方が保険料を安く抑えられる事がわかった、なんて方も多いのではないでしょうか。

こういった話、私の周りでもけっこうよく聞く話です。 家計を見直す際に保険の見直しを行う事って実はすごく有意義な事なのです。

では、実際に一括見積もりを取ってみて他社のほうが保険料を安く抑えられるとわかったら、そちらの保険会社に乗り換えたい、そう思いますよね。

自動車保険は通常1年契約です。 そのまま継続する場合には更新の手続きをするのですが、他社へ乗り換える場合には新しく契約手続きが必要となります。

新しい保険会社との契約をいつからにするのか? これによって手続きが少し異なってきますのでケースをわけて説明していきましょう。

満期日をもって乗り換えるという場合

この場合はスムーズに乗り換えることができます。 満期日までに新しい保険会社と契約をしておけば満期日をもって自動的に新しい保険会社への契約に切り替わります。

新しい保険会社を決めたら、満期日の1~3ヶ月程前には申し込みを行っておくようにしましょう。

新しい保険会社と契約する場合、新たな自動車保険の開始日と今までの自動車保険の満期日が同じなるように設定しなくてはならないのでこの点は注意しましょう!

この日付がずれていると保険に加入していない日(保険の空白期間)が生じることになってしまいます。 保険の空白期間が長くなると等級を引き継ぐことができなくなる場合もあるので注意しましょう。

満期日までに新しい保険証券が届き、満期日をもって自動的に今までの保険は解約となり新しい保険が適用となります。つまり、今の保険会社への解約の連絡などは不要ということです。

しかし、ここで一つ注意しなければならない場合があります。

今までの自動車保険に自動継続特約をつけている場合です。 この場合は満期日になると自動的に契約が更新されるというものですので、解約手続きを行う必要があります。

満期前に乗り換えるという場合

満期前に保険の乗り換えをすることも可能です。 ただし、今の保険の解約手続きに新しい保険の契約手続きが必要となり手間が増えることになります。

また、いくつかのデメリットがあるので、あまりお薦めな方法ではないといえるでしょう。

主なデメリットとして、以下の3点が挙げられます。

解約返戻金は月割計算と同等の金額でないことが多い

これは保険料を年払いで支払っている場合、満期日前に解約した場合残りの日数に応じて解約返戻金が受け取れるようになっています。 多くの保険会社では短期率という料率で解約返戻金が定められる為、月割計算に比べて損をすることがある場合もあります。

保険等級のアップが遅れたり、追加の保険料が発生する

新規に保険契約をした事でダウンした等級が適用されたりして保険料が割高になってしまったり、解約日までに事故を起こしている場合などは新規に契約する会社から追加の保険料を請求される場合があります。

補償内容やサービスの大幅な変更を伴う場合がある

保険会社を変える事によりサービス内容や補償内容に大きな違いが伴う事もよくある事です。満期日前に変更する場合に急いで乗り換え手続きを行うことで十分に検討せず新規の契約をしてしまったなどという事も起こり得るという事です。

このような事からも、自動車保険会社の乗り換え手続きは現在の保険の満期日を待って行う方が安心且つ賢明といえるのではないでしょうか。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険契約中の手続き