自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

レンタカーに乗るときに他車運転特約は使えるの?

   

pexels-photo
旅行先での足としてレンタカーを借りた、突発の用事でレンタカーを借りたなどの経験をお持ちの方も多いと思います。確かにレンタカーは旅先や突発的な用事の為に借りることが出来る便利なシステムです。しかし、レンタカーに乗っていて事故を起こしてしまった、もらい事故にあってしまったなど車の運転に関することなどで事故はおのずと付いて回ります。

では、事故を起こしてしまった時に、自分が加入している保険で他者運転特約は使う事が出来るのでしょうか?この特約が使えない場合もあるのでしょうか?

他者運転特約とは?

現在の自動車保険には大体この他者運転特約がついて契約されているケースがほとんどです。他社運転特約とは、自分の車以外の他人の所有している車を運転する時に発生する危険を補償する特約と言えます。

例えば、友人の車で遠くまで出かけた時に、疲れた友人に変わって運転していた時に事故を起こしてしまったとします。この車には家族特約のみが付いていた場合、当然家族ではないので自動車保険は適用されません。これではあまりにも運転を変わったのに保険が使えないなんてと最悪な事になってしまいます。そこで、自分の運転する車の保険に他者運転特約が付いていれば、友人の車を運転している時に起こしてしまった事故に自分の保険が適用する事ができるのです。

他人が所有する車を正当な理由で運転していて事故を起こしてしまった時に使用する事が出来る。ただし、契約者やその配偶者が所有していない車と言う事が大前提になります。また他者運転特約が適用されない場合もあります。

補償の対象外となるケース
・駐車中や停車中
・運転手に過失がない事故(当て逃げ・飛び石などの場合)

レンタカーを借りて事故などを起こした場合

レンタカーでも保険に入らねければならないとお思いの方も大勢いると思います。実際はレンタカー代金の中に保険料金もすでに含まれているのです。

レンタカーで旅先などで事故を起こしてしまった場合は、レンタカー自体の自動車保険が適用されます。ただし、レンタカー自体の保険料を越える損害賠償金額が発生した時には、越えた分の金額を自分の車の他者運転特約が使えます。

レンタカーにはノンオペレーションチャージや免責事項が附随する事もあります。ノンオペレーションチャージは休業補償と言う意味です。レンタカーで事故を起こしてしまい、その車が修理の為に貸し出す事が出来ないなどで営業に支障がきたす事があります。この時に自分で補償金を支払わなければならないのですが、実際その車の営業稼働率が100%なのかが問題となります。

ノンオペレーション補償を掛けていた方がいいとレンタカー屋さんで言われます。これに入らなくても、契約の際に営業補償について、2万~5万円のを支払ってもらう場合があると説明を受けてサインしていると思います。

基本的にレンタカーを借りて、営業補償や損害賠償金額の不足分の催促をする会社はないと思います。

まとめ

今回はレンタカーでも他者運転特約が使えるかについて解説しました。

  • レンタカーでも他者運転特約は使える。ただし、レンタカー自体の補償金額を上回った場合のみに使えます。
  • レンタカー以外では保険契約者とその配偶者・同居する家族の名義になっている車以外は使う事が可能。

旅先で借りたレンタカーや実家に帰省した時に親に借りた車等で事故なんて考えたくもありません。あせらずゆっくり運転する事が、乗りなれていない車種では必須的要素になります。人の車を借りた時はより一層の安全運転を心掛けましょう。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険の基本