自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

弁護士費用特約の必要性とメリットとデメリット

   

marketing-514221_640
現在の日本では車が無い生活はありえないほど、車は生活の一部になっています。しかし、この車による事故は減少傾向にありながらも、毎日どこかで起きている事には違いがありません。車の保険には強制保険の自賠責保険・任意保険の保険会社の自動車保険があります。自動車保険の契約内容の一部に「弁護士費用特約」と言うものがあります。この弁護士費用特約は必要なものなのでしょうか?絶対つけなければならないものなのでしょうか?

弁護士費用特約とは

自分の車に乗っていた時の事故だけでなく、自動車に関わるあらゆる事故に適用されます。この特約を利用する事ができる場合とは、人身事故による被害が発生したり、物損事故によって損害が発生した時に、損害賠償請求が発生します。この請求を弁護士に委任する時と法律相談をする場合です。

被保険者の他に配偶者や家族もこの特約を使う事ができます。弁護士に依頼して発生した費用を限度内で支払ってくれるのが、この弁護士費用特約と言う事です。

弁護士費用特約は必要なの?

保険会社は被用者が交通事故の加害者であった場合に、被用者の代わりに交通事故被害者との示談交渉をしてくれます。しかし、被保険者が被害者であった場合は、保険会社は相手側の保険会社との示談交渉はしてはくれません。

保険会社が示談交渉した場合は、弁護士法違反になってしまいます。保険会社が被害者の示談交渉をしないので示談交渉は自分で行わなければなりません。自分で示談交渉する場合、相手の保険会社とやり取りしなければならない為、時間と手間を要します。また損害賠償された金額が正当な金額なのかもわからないため、自分で交渉した場合正当な金額をもらえていないケースも存在しています。

この時間と手間、それに損害賠償額の正当性をプロに行ってもらう方が、被害者にとっては安心です。その為に弁護士費用特約が必要になるわけです。

弁護士費用特約はほとんどの保険会社では、弁護士費用として300万円、法律相談の10万円を特約の中に入れています。

ここで注意が必要なのは、保険会社によっては法律相談費用を弁護士費用の中に入れている場合や被保険者の善意無過失が要件となっている事もあるので、契約の際は注意して内容を把握する事が大事です。ここで言う善意無過失は加害者が100%の過失を負う場合で、被保険者に少しでも過失割合が発生すると弁護士費用特約が使えない契約内容もあります。

弁護士費用特約のメリット・デメリット

メリット

  • 自分で示談交渉をしなくて済む。
  • 裁判所基準の賠償額を請求する事ができる。(保険会社基準より高水準です)
  • 弁護士費用を保険料で支払えるので、費用負担が少なくて済む。
  • 交通事故専門の弁護士に依頼できる。(保険会社にもよりますので、弁護士を立てる場合は保険会社に一度相談してください)
  • 弁護士を立てる事で、示談交渉や損害賠償請求がうまくいく事が多い。

デメリット

  • 保険契約の時に弁護士費用特約を附随させるので保険支払い費用が増加する。
  • 弁護士費用特約を使用したい場合に、弁護士の成功報酬が低い事案の場合に引き受けてくれる弁護士が少なくなる。(この場合、司法書士・や行政書士に依頼する事になります)

まとめ

  • 自動車保険に含まれる弁護士費用特約は必要かについて紹介しました。
  • 被保険者が被害者の場合、保険会社が示談交渉できないので弁護士に依頼しなければならない
  • 損害賠償請求で弁護士を立てることで、正当な損害賠償請求額を受け取る事ができる。
  • 保険料に含まれる特約の金額に対して、弁護士費用としてはある程度十分な金額で設定されている

交通事故被害者になった場合には確実に使用する事になるので、自動車保険に加入の際には、弁護士費用特約はつけておく必要性があります。少ない費用で高額な弁護士費用を賄ってもらえるのが、この特約の魅力ではないでしょうか。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険の基本