自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

対人賠償責任保険の内容と免責事項|同乗者はどうなるの?

   

photo-1438962136829-452260720431

対人賠償責任保険の役割

近年の交通事故民事裁判の判例を見ると、賠償金額の高額化は年々上昇の傾向にあります。

自賠責保険での補償額は死亡の場合3000万、後遺症が残った場合4000万、障害は120万円まで補償されます。

しかし重症や死亡事故の加害者になってしまい、数億円の賠償金を支払う判例も稀ではありません。このように、自賠責保険の補償額の上限を超えてしまった時にその不足分を補ってくれる保険が「対人賠償責任保険」なのです。

「自分」ではなく、「他人」のための保険

対人賠償責任保険の補償対象は他人のみになります。他人といっても自分との関係性によって、補償対象外になる関係性もあり、自分以外の全ての人に補償されるわけではありません。

自動車保険の約款には次のような記載がされているものもあります。

  • 記名被保険者 (契約している車を主に運転し、自由に支配、使用する正当な権利を有する者、契約者本人です。)
  • 被保険者の父母、配偶者、または子
  • 被保険者の業務に従業中の使用人 (雇い主が従業員の安全を考慮することは義務であり、業務中の事故は使用者の責任です。これを補償するのは労災保険の役目とゆう原則的な考え方から、自動車保険の補償対象からは免責となります。)
    被保険者の使用者の業務に従業中の他の使用人。ただし被保険者が保険自動車の使用業務に使用している場合に限る (職場の同僚に対して業務用として車を貸した場合は免責事項になります。上記で記載した通り、就業中の安全を考慮する義務は雇い主であり、対人賠償責任保険は対象外のため、適用されません。ただし、個人所有の車を業務中に使用した際に発生した事故に対しては補償を受ける事ができます。)

このように、運転者、被保険者の父母、配偶者、子は「対人賠償責任保険」では他人とみなされず、免責事項の対象になり、補償されません

「対人賠償責任保険」と同乗者

上記で記載した通り、同乗者の場合も、契約者本人の関係性により免責になります。

例えば、配偶者が自分の子どもと友人と友人の子どもを乗せドライブに行くとします。このケースの時、事故を起した場合は、配偶者と子どもは、補償はされませんが、配偶者の友人と友人の子どもは補償を受けることができます。

自分がドライバーで父母、配偶者、子ども、配偶者の父母が同乗した場合、配偶者の父母は補償されますが、自分、自分の父母、配偶者、子どもは補償されず、適用外になります。

自賠責保険ではドライバーとの関係性の有無を問われることはありません。「対人賠償責任保険」では契約している自動車の、被保険者との関係性が重要なポイントとなります。

免責事項に該当する場合があることをきちんと理解することで、同乗させる際にどのような点に注意をしていけばいいのか明確になってきます。

自分自身が同乗者になった場合も、同じように同乗させてもらう被保険者が、どのような任意保険に入っているかを確認する事で、補償が受けれるかそうでないか知ることができます。

備えるということ

「対人賠償責任保険」にも補償される金額には上限があります。契約をする際には、想像したくもない悲劇…「万が一」に備えるとゆうことを考え、無制限の契約を検討されたほうがいいでしょう。

いつ、誰が、被害者、加害者になるかわかりません。もし自分が加害者になってしまった時に相手方にきちんと責任を果たせるのか、もし自分が被害者になってしまったとき、ちゃんと自分だけではなく家族も守ってもらえるのか内容をきちんと把握をして、わからないときは専門家にアドバイスを求める事もオススメ致します。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険の基本