自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

交通事故の損害賠償請求はいつどんな方法でできるの?

   

Businessman_requesting_for_money_loan
損害賠償は、ケガが治るなどして損害額が確定しないと加害者に請求することはできません。

しかし、ケガの治療などで必要な出費が治るまで支払われないとなると、被害者の負担が増えてしまい不都合です。そこで、損害金のうち治療費、付添看護費、入院費、交通費、休業損害については、治療の途中で請求することができることになっています。

損害賠償金の支払い方法

損害金の支払い方には、2つの方法があります。

  1. 加害者が直接支払う方法
  2. 保険会社が支払う方法

加害者が直接支払う方法

加害者が被害者に直接損害金を支払う方法になります。通常、加害者は被害者に損害金を支払った後で、加入している保険会社へ保険金の請求をすることになります。(加害者請求)

この時、被害者が自由診療や過剰診療を受けている分の治療費については、保険会社も支払いに応じない場合があります。保険会社は適切な治療費しか支払わないので、治療内容が適切かどうか注意しておきましょう。

保険会社が支払う方法

もう一つの支払い方法は、保険会社が被害者に保険金を支払う方法になります。示談交渉は通常、加害者の代理人として保険会社の担当者が行うことが多いので、保険金も保険会社から被害者へ支払われます。

自賠責保険 仮渡金 死亡もしくは11日間以上の治療が必要なケガに対して支払われる保険金。死亡には290万円、ケガは5万円、20万円、40万円の3段階。
内払金 ケガの治療が長引いて損害金が確定していないが、それまでに確定した損害金が10万円を超えると支払われる保険金。120万円まで請求可能。
任意保険 治療費 病院や健康保険組合に対して直接支払われる。
治療費、付添看護費、入院雑費、通院交通費 被害者の請求に応じて支払われる。自己負担分についても保険会社へ請求可能。
休業損害 休業期間に応じて内金として支払われる。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 損害賠償の請求