自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

交通事故の損害賠償は誰が請求できるの?請求権の相続と死亡事故

   

businessworld
交通事故の被害にあった場合、被害者だけでなく被害者が死亡した場合には親族にも加害者への損害賠償請求権があります。この交通事故による損害賠償請求権は、法的には「不法行為による損害賠償請求権」として認められている権利になります。

被害者が死亡した場合、損害賠償請求権は相続されるのでしょうか?

交通事故の損害賠償請求権の相続

人が死亡するとその人の財産は相続人が相続することになります。相続対象となる財産は、モノやお金だけでなく権利も対象になります。

つまり、交通事故による損害賠償請求権も相続人が相続することになるのです。

損害賠償請求権には「積極損害」「消極損害」「慰謝料」の3つがあります。

「積極損害」や「消極損害」は相続人の相続分に応じて加害者へ請求することができます。「慰謝料」については、「死亡した本人の精神的苦痛は本人にしか分からないので相続の対象にならない」と言った学説もありますが、被害者遺族の保護の観点から「慰謝料」についても相続の対象として認められています。

損害賠償のできる相続人とは
被害者の配偶者、子(養子も含む)、代襲者
子がいない場合は、被害者の父母
子、父母がいない場合、被害者の祖父母
子、父母、祖父母がいない場合、被害者の兄弟姉妹

また、親族には相続による損害賠償請求権以外にも「近親者固有の慰謝料請求権」の慰謝料請求権もあります。

交通事故の慰謝料は親族に固有の請求権があります - 民法711条

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 損害賠償の請求