自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

自賠責保険の請求方法と期限、必要書類をチェックしよう!

   

自賠責保険の請求には、「加害者請求」と「被害者請求」があります。

「加害者請求」

加害者請求は、加害者が被害者へ損害賠償金を支払った後に、保険会社へ加害者が保険金を請求する方法です。

請求区分 請求期限
傷害
後遺障害
死亡
損害賠償金を支払って3年以内

「被害者請求」

被害者請求は、加害者から損害外賠償金を受け取れなかった場合に、被害者が直接保険会社へ保険金を請求する方法です。

入院費などすぐにお金が必要な時は、「仮渡金」や「内払金」を利用することもできます。
(死亡の場合は290万円、傷害の場合は5〜20万円を請求できます。)

請求区分 請求期限
傷害 事故が発生してから3年以内
後遺障害 症状が発生してから3年以内
死亡 死亡してから3年以内

自賠責保険請求に必要な書類

提出書類 被害者請求
仮渡金
仮渡金請求の際に提出していただいた書類は、損害賠償額請求の場合には再提出していただく必要はありません。 取付け先 死亡 後遺障害 傷害 死亡 傷害
太字の用紙は損害保険会社(組合)に備え付けてあります。
1 保険金(共済金)・損害賠償額・仮渡金支払請求書
2 交通事故証明書(人身事故) 自動車安全運転センター
3 事故発生状況報告書 事故当事者等
4 医師の診断書または死体検案書(死亡診断書) 治療を受けた医師または病院
5 診療報酬明細書 治療を受けた医師または病院
6 通院交通費明細書
7 付添看護自認書または看護料領収書
8 休業損害の証明は

  1. 給与所得者
    事業主の休業損害証明書
    (源泉徴収票添付)
  2. 自由業者、自営業者、農林漁業者
    納税証明書、課税証明書(取得額の記載されたもの)または確定申告書 等
休業損害証明書は事業主
納税証明書、課税証明書等は税務署または市区町村
9 損害賠償額の受領者が請求者本人であることの証明(印鑑証明書)
被害者が未成年で、その親権者が請求する場合は、上記のほか、当該未成年者の住民票または戸籍抄本が必要です。
住民登録をしている市区町村、本籍のある市区町村
10 委任状および(委任者の)印鑑証明
死亡事故等で請求権者が複数いる場合は、原則として1名を代理者として、他の請求権者全員の委任状および印鑑証明が必要です。
印鑑登録をしている市区町村
11 戸籍謄本 本籍のある市区町村
12 後遺障害診断書 治療を受けた医師または病院
13 レントゲン写真等 治療を受けた医師または病院

source: 国土交通省

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 保険金の請求