自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

フリート契約のメリットとデメリット|ノンフリート契約との違いとは

   

New_electrical_fleet
所有する車が10台以上になると「フリート契約」にすると保険料がグッとお得になるのをご存知ですか?
「フリート契約」の特徴とメリット、デメリットについて解説してみたいと思います。

フリート契約とは何か

フリート契約とは「所有・使用する自動車」が10台以上の時に利用できる保険契約です。契約している保険会社がそれぞれ異なっていても適用できます。

「所有・使用する自動車」ですが、車検証(自動車検査証)の「所有者欄」と「使用者欄」が同一で全て契約者の名義になっている事を指します。

また、「10台以上」には、割賦販売で購入した車や、1年以上のリース契約の車も含めることができます。

フリート契約とノンフリート契約の違い

フリーと契約 ノンフリート契約
保険料の割引・割増の適用単位 契約者単位で適用 車一台段位で適用
フリート契約のメリットとデメリット 契約している車全体を見て保険料が算出される。 車1台ごとにノンフリート等級に応じて保険料が算出される。

保険料の割引・割増の適用単位の違い

フリート契約とノンフリート契約では、保険料の割引・割増の適用単位に違いがあります。
フリート契約では、「契約者単位」で適用されるのに対し、ノンフリート契約では「車1台単位」で適用されます。この適用単位の違いによってフリート契約はボリューム割引的な要素を持った契約形態であると言えるでしょう。

保険料の割引・割増率の算出方法の違い

フリート契約では、契約している車全体を見て保険料が算出されています。具体的には、契約車全体に対して契約者が支払った保険料と保険会社が支払った保険金の割合に応じて算出されます。一方、ノンフリート契約では、車1台ごとにノンフリート等級に応じて保険料が算出されます。

フリート契約のメリットとデメリット

フリート契約のメリットとデメリットを見ていきましょう。

ノンフリート契約と比べるとフリート契約のメリットはかなり多いです。10台以上所有する場合は、積極的にフリート契約の検討を考えると良いでしょう。

メリット

ノンフリート契約よりも保険料が大幅に安くなる(最大70~80%割引)
新しい車を契約しても他の車と同一の割引率で保険に入れる
「年齢条件」に関係なく割安の保険に入れる
保険料の計算が日割りになる
一括で特約を付けることができる
フリート多数割引の適用ができる

デメリット

事故時の影響が全車両に影響する

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険を安くする方法