自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

搭乗者傷害保険は日数払いにしない方が保険料が安くなります!

   

Busted_Beetle
もしもの事故の時に保険金をすぐに受け取れる「搭乗者傷害保険」に加入している方も多いと思います。

搭乗者傷害保険は保険金を受け取る方法を見直せば保険料を節約できることをご存知ですか?

搭乗者傷害保険の2つの保険金の受け取り方法

搭乗者傷害保険は契約対象の車に乗車中の事故による傷害に対して保険金が支払われる保険です。人身傷害保険と比べて保険金が定額でスピーディに支払われるので、搭乗者の補償を充実させたい方にとっては魅力的な保険となっています。

この搭乗者傷害保険ですが、保険金の受け取り方法には「日数払い」と「部位・症状別払い」があります。

「日数払い」は、ケガで入院や通院をした日数に応じて保険金を受け取る方法です。一方、「部位・症状別払い」は、負傷した部位や症状に応じて保険金を受け取る方法になります。

「部位・症状別払い」の方が保険料が安くなる

「日数払い」と「部位・症状別払い」の特徴ですが、「日数払い」は入院や治療が長引いてもかかった日数分だけ保険料を受け取れるメリットがありますが、その日数が確定しないと保険料を受け取ることができません。一方、「部位・症状別払い」は保険料が安く示談交渉が終わると保険金を受け取ることができますが、入院や治療が長引くと十分な補償を受け取れない場合もあります。

日数払い 部位症状払い
メリット 入院や治療が長引いてもかかった日数分だけ保険料を受け取れる 入院や治療に要した日数が確定しないと保険金を受け取れない
デメリット 保険金が割安。示談交渉が終わると保険金を受け取れる 入院や治療が長引くと十分な補償を受け取れない場合がある

人身傷害保険にも加入しているので、搭乗者傷害保険はできるだけ安く済ませたいと考えている方は、保険金の受け取り方法を「部位・症状別払い」にすることを検討してみると良いでしょう。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険を安くする方法