自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険の違いや重複を理解して保険料を安くする方法

   

British_Modes_of_Transport
自動車保険には3つの保険種類がありその中に7つの保険があります。

賠償責任保険 対人賠償責任保険、対物賠償責任保険
傷害保険 搭乗者傷害保険、人身傷害保険、無保険車傷害保険、自損事故保険
物保険 車両保険

賠償責任保険は事故による第三者への損害賠償の支払いを補償する保険で、傷害保険は事故に起因する傷害に対する補償となっています。そして、物保険は車そのものに対する補償となります。

賠償責任保険と傷害保険の違い

賠償責任保険と傷害保険は医療費などを補償する点は似ていますが、それぞれ独立した保険であることを理解しておきましょう。

例えば、相手方の過失が100%の追突事故に遭遇した場合、加害者から治療費などの損害賠償金を受け取ることができます。

さらに、損害賠償金とは別に自分の加入している傷害保険(搭乗者傷害保険、人身傷害保険)からも保険金をもらうことができます。

賠償責任保険と傷害保険はそれぞれ独立している保険なので、傷害保険金を請求したからと言って、相手からの損害賠償金が割り引かれることはありません。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の補償対象と補償内容、補償金額は下記となっています。

人身傷害補償保険 搭乗者傷害保険
補償対象 ・被保険自動車に搭乗中の事故により死傷した場合(搭乗者全員)
・他の自動車に乗車中の事故により死傷した場合(記名被保険者と家族)
・歩行中や自転車運転中の自動車事故により死傷した場合(記名被保険者と家族)
・被保険自動車に搭乗中の事故により死傷した場合(搭乗者全員)
補償内容 ケガをした場合の治療費や休業損害、死亡した場合の逸失利益などが補償される。 ケガなどによる死亡・後遺障害・入院・通院などに応じて、一定の金額が補償される。
補償金額 保険金上限までの実際の損害額 保険金上限までの日増し計算額

人身傷害保険

人身傷害保険は被保険者の車に乗っている搭乗者全員のほか、他の車に搭乗中や歩行中などで交通事故にあった家族にも補償対象となっています。

補償内容は過失割合に関係なく実際の損害が支払われるのが特徴です。また、支払いは示談が成立するのを待たずに支払われます。

例えば、損害額が1億円で自分の過失割合が20%、相手の過失割合が80%の場合を考えてみましょう。

通常、示談による賠償金では相手の過失割合に応じた8,000万円しか補償されません。(2,000万円は自己負担)また、実際の補償時期は示談が成立した時になるので、その時までに発生した損害は自分で建て替えをしておく必要があります。

一方、人身傷害保険では過失割合に関係なく示談成立前に支払われるので、1億円をすぐに貰う事ができます。

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は被保険者が運転中の車で運転者や同乗者が死傷した際に、医療費や死亡保険金が支払われる保険になります。保険金は日数による支払われ方と部位症状による支払われ方の2通りあります。

搭乗者傷害保険は人身傷害保険や加害者からの損害賠償金の影響を受けずに、すぐに支払われます。

搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違い

搭乗者傷害保険と人身傷害保険の補償対象をみると、人身傷害保険の方が補償対象が広いことが分かります。

補償対象だけみると、搭乗者傷害保険には加入せず人身傷害保険だけに加入すれば良さそうですが、保険金を受け取るスピードに違いがあります。搭乗者傷害保険はケガの症状が確定した時点で支払われるので、人身傷害保険よりも早く保険金を受け取ることができるというメリットがあります。

位置づけ的には、搭乗者傷害保険は人身傷害保険の上乗せ保険と考えられます。実際に保険会社では搭乗者傷害保険を特約として付けている場合が多いようです。

搭乗者傷害保険か人身傷害保険のどちらか一方のみを考える場合は、補償対象が広い人身傷害保険にすることをお勧めします。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険を安くする方法