自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

車両保険を使わないほうがお得になる場合もあります!ノンフリート等級の罠

   

A_man_and_a_boy
2013年にノンフリート等級制度が改定になり車両保険を適用するかどうかの判断をより慎重にする必要があります。

ノンフリート等級とは、事故歴に応じて1〜20の等級を振って保険料を割り引いたり割り増したりする制度のことです。

改定によって事故を起こして「保険を利用した人」と「保険を利用しなかった人」とがより明確に区別されるようになりました。「保険を利用した人」はノンフリート等級が3つ下がり、かつ3年間は「事故有係数」が適用された割引率の低い保険料になってしまいます。

つまり、事故を起こして保険を利用すると無事故の人に比べて多くの保険料を負担する必要があるのです。

車両保険を使わないほうがお得な場合もある

車両保険を使うと、ノンフリート等級が下がり、事故有係数が適用された保険料になってしまうので、あえて車両保険を使わずに自腹で修理するほうがお得な場合もあります。

例えば、16等級で50,000円の保険料を払っている人が事故を起こして車両保険を使った場合、翌年から3年間はノンフリート等級が3つダウンするので、保険料は74,000円となります。つまり、年間24,000円の負担増となってしまうのです。この場合、事故の修理費が50,000円であったとすれば、車両保険を使わずに自腹で修理したほうがお得になります。(24,000×3 > 50,000)

一般的には修理費が15万円〜20万円であれば、自腹で修理したほうがお得となる場合が多いようです。どちらが得か正確に知りたい場合は、保険会社へ相談すると良いでしょう。

ご自身のノンフリート等級によっては、車両保険の「免責金額」を高めに設定することで保険料の節約になるかもしれません。保険の更新の際にはしっかりと保険を見直して保険料の最適化を図ってみてはいかがでしょうか。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険を安くする方法