自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

車両入替の条件とタイミング - 猶予期間もあります!

   

Racing_team_working_at_pit_stop
自動車保険期間中に新しい車に乗り換えた時は、「車両入替」の手続きが必要になります。

自動車保険は保険証券に記載せれている車を補償対象にしています。したがって、「車両入替」をしていないと新しい車は保険の補償対象外となってしまい、保険がきかなくなってしまいます。

「車両入替」の条件

保険の契約中に「車両入替」で保険対象車を変更するには、一定の条件を満たしている必要があります。もし、条件を満たしていないと、新しく保険を契約しなおす必要がるので注意が必要です。

乗り換え後の自動車の所有者が以下のいずれかである
・乗換え前の自動車と同じ所有者
・契約中の自動車保険の記名被保険者
・契約中の自動車保険の記名被保険者の配偶者
・契約中の自動車保険の記名被保険者及び配偶者の同居の親族
乗り換え後の自動車の用途・車種が以下のいずれかである
・自家用普通乗用車
・自家用小型乗用車
・自家用軽四輪乗用車
・自家用軽四輪貨物車
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5t以下)
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5t超2t以下)
・特殊用途自動車(キャンピングカーなど含む)

「車両入替」のタイミング

「車両入替」をするタイミングは、新しい車の納車の前にしておくことが大切です。

もし保険の対象外が済んでいない納車された車を運転して事故を起こすと、保険の対象外となってしまうので注意が必要です。同様に、「車両入替」済みの旧車両を運転した場合も保険の対象外となってしまいます。

新しい車の検討が終わって納車日が決定したら、納車日前に「車両入替」をするのがベストタイミングと言えるでしょう。「車両入替」をするには保険会社へ車の詳細情報を伝える必要があり、その後保険会社の審査があるので、余裕を持って早めに手続きを行う必要があります。

「車両入替」の猶予期間

原則的に「車両入替」を行っていなければ、新しい車で事故を起こした際は補償の対象外になります。

しかし、保険の契約時に自動で設定されている「被保険自動車の入替における自動担保特約」が適応になると、すでに契約中の保険で補償を受けられる場合もあります。ただし、この特約による猶予期間の適用には、新しい車を取得した日の翌日から起算して「30日以内」に車両入替手続きを完了しておかなければならないと言う条件があるので注意が必要です。

あくまで、納車前までに「車両入替」が必要なことが原則ですので、この猶予期間に頼ることなく前もって「車両入替」の手続きをしておく必要があることを覚えておきましょう。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険契約中の手続き