自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

その特約必要ですか?自動車保険の特約の重複を見直して保険料を安くする方法

      2016/02/21

自動車保険には様々な特約があります。特約は基本補償では補償できない細やかなサービスを受けられるのでとても便利なものです。

しかし、特約の中には内容の重複するものや無駄なものまであります。内容を吟味して無駄な特約を解約することで保険料をグッと安くする事もできます。

特に家族の中で複数の保険に加入している方は、特約の内容をもう一度確認してみる事をお勧めします。

見直しの第一歩!自動車保険の「家族」の定義とは

自動車保険には「家族限定」という補償範囲がよく登場します。実はこの「家族」の定義ですが、一般的な家族の定義とは少し違う事をご存知でしょうか?

特約を見直すには、家族の定義を正しく知っておく必要があるのでこの機会にしっかりと理解しておきましょう。

家族限定特約の補償範囲(家族の定義)
(1)契約者本人(記名被保険者)
(2)配偶者
(3)契約者(記名被保険者)または配偶者の同居の親族
(4)契約者(記名被保険者)または配偶者の別居の未婚の子

このように、同居している親族は家族に含まれます。また、別居の未婚の子も家族として認められる点を覚えておきましょう。

重複のある可能性のある自動車保険の特約

代車特約

代車特約は事故などで車が使えなくなった際に代車を手配してくれる特約です。ポピュラーな特約なのでつけている人も多いと思います。

しかし、事故の被害者側になった場合は、加害者側が代車費用を負担するのが一般的ですので、わざわざ特約を付ける必要性が高いとは言えません。また、事故で車を修理に出した場合でも、多くの修理工場ではサービスで代車を手配してくれるところが多いです。

従って、代車特約はそれほど必要性が高いとは言えませんので、見直しをする候補に挙げられると思います。

弁護士費用特約

示談交渉をする際に弁護士に依頼する事は多いので、あると便利な特約と言えます。

この特約の多くは、家族限定特約になっているので、家族の誰か一人が加入しておけば家族全員をカバーする事ができます。家族で重複していないか確認をすると良いでしょう。

ファミリーバイク特約

この特約も家族限定特約になっています。

家族の誰か一人が加入しておけば十分です。また、バイクに乗る機会がなければ当然不要な特約となります。家族で重複していないか、必要性も考慮してもう一度確認してみましょう。

個人賠償責任特約

個人賠償責任特約は車とは関係ない日常生活で他人に怪我を負わせたりして、賠償責任を負った場合に賠償金の支払いをしてくれる特約です。

この特約も家族限定特約になっているので、家族一人の加入で家族全員をカバーすることができます。

また、個人賠償責任特約は傷害保険や火災保険、クレジットカードなどにも附帯している場合があります。同じ内容の保険を複数付けておくおく必要は無いので、他の保険で重複がないか確認をしましょう。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険を安くする方法