自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

交通事故現場で絶対にやってはいけない3つのこと

   

軽度の交通事故や物損事故の場合、その場で示談をしてサッサと事故処理をしたいと思うかもしれません。

また、事故の相手から警察へ連絡しないでほしいと懇願されるかもしれません。

そうした場合の言い分は、免許停止になって仕事ができなくなるなど、ふと同情したくなる理由が多いです。

しかし、その場で当事者だけで交渉をすることは避けるべきです。

その場で示談は絶対にしない

示談は原則としてやり直しや取り消しができないと思ってください。

たとえ口約束であっても法的には有効となってしまいます。

その場では何ともなかったとしても、後日になって後遺症が出てくる可能性もあります。

後になって保険会社へ保険金を請求しようと思っても、「交通事故証明書」が取得できないので保険金の請求はできません。

サッサと事故処理をしようと思ってした事が、後になって大きなトラブルに発展する可能性がある事をしっかりと理解しておきましょう。

そもそも、当事者だけで公平で納得のいく示談は不可能です。

当事者の感情や事情が介在しないように、第三者が仲介して初めて公平で納得のいく示談が可能なのです。

示談はプロに入ってもらうべきで、その場での示談はどんな理由があっても絶対にしないようにしましょう。

必要以上に謝罪をしない

事故を起こした場合に謝る事は人として間違った行為ではありません。

しかし、必要以上の謝罪はその後の示談の時に、言った言わないのトラブルになる可能性があります。

また、相手次第では謝罪した事を逆手に取られてしまい、自分が不利になる可能性もあります。

謝りすぎには注意しましょう。

念書は絶対に書かない

謝罪と違って、念書は証拠能力が高く明らかに示談交渉の際に不利になる場合が多いです。

絶対にその場で念書は書かないようにしてください。

たとえメモ書き程度であっても念書とみなされるので、何があても絶対に書かないようにしましょう。

※ただし、脅迫されて書かされたような念書は無効になる可能性が高いです。警察や弁護士に相談しましょう。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 事故発生