自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

自動車保険の運転者限定の割引率 - 賢く使って安くしよう!

   

自動車保険料は運転者に限定を付けることで安くすることができます。

「運転者限定」をすることで補償対象となる人が減るので、保険料もそのぶん安くなると言う訳です。お得な「運転者限定」ですが、定義などが若干複雑なので間違えて契約をしないように注意が必要です。

運転者限定と保険料の割引率

運転者限定を付けることができるのは任意保険だけで、自賠責保険にはそのよう制度はありません。

運転者限定の規定は保険会社毎に異なっていますが、基本的に4つの種類に分類することができます。限定が強く被保険者が少ない方が保険料は安くなります。

価格.com運転者限定
source: 価格.com

保険料が一番安い「本人限定」

保険料が一番安いのは被保険者が一人だけの「本人限定」です。

ちなみに、「本人」とは保険証券に記載されている記名被保険者のことを言います。保険契約をした人や事故時の運転者ではないので注意しましょう。(親が子供を記名被保険者にして契約をした車に乗って事故を起こした場合、親は補償対象外となってしまします)

「夫婦限定」とは?

次に保険料が安いのは、「夫婦限定(配偶者限定)」です。

運転するのは夫婦だけで、子供や親は乗るだけといった場合に最適な保険と言えるでしょう。

一般的に夫婦と言うと法的な婚姻関係が必要ですが、自動車保険のいう「夫婦」には婚姻関係だけでなく内縁関係も含めることが一般的です。(保険会社によって微妙に異なるので契約内容の確認は必要です)

「家族限定」の家族とは?

最もポピュラーなのが「家族限定」です。

自動車保険会社のいう「家族」は法律上の「家族」とは意味合いが少し異なるので注意が必要です。

価格.com運転者限定_家族
source: 価格.com

特に間違えやすいのが、同居しているかどうかの違いです。保険上の「家族」は契約者と同居している必要があります。その為、別居している親戚は補償対象とならないので注意が必要です。

ただし、未婚の子であれば別居していても補償対象に含まれます。過去に婚姻歴があっても未婚の子に該当するかは保険会社によって解釈が異なるので確認が必要です。また、2世帯住宅も保険会社によって判断が異なるので契約の時に必ず確認しておきましょう。

運転者限定を賢く利用しよう

一番人気なのは「家族限定」ですが、普段は夫婦しか運転しないのに、たまに別居中の子供が運転するので家族限定にしている人もいるかもしれません。しかし、これは保険料の無駄が多いと思われます。

保険会社は契約途中であっても運転者限定を柔軟に適用してくれるので、必要な時だけ別の限定にすることもできるのです。

先の例では、普段は「夫婦限定」で契約しておき、必要な時だけ「家族限定」にすることができるという訳です。保険料は日割りで計算してくれるので、初めから「家族限定」で契約しておくより断然お得になります。

運転者限定は保険料を安く抑えることができるので、積極的に賢く利用したいですね。

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 自動車保険料が決まる要件