自動車保険のすすめ

一番安いおすすめの自動車保険のランキングと比較

事故の被害者が事故直後に確認する11つこと

   

事故を起こされた被害者は、警察官が事故現場へ来るまでに、可能な限り加害者の素性や事故の状況等を確認すると良いでしょう。

加害者の素性を知る事は、今後の示談交渉などにおいてとても大切です。

場合によっては、加害者の運転している車の所有者が加害者のものでない場合もあります。

そうした場合、車の所有者にも損害賠償を請求できる場合があります。

所有者との関係なども確認しておくと良いでしょう。

また、目撃者がいる場合は警察官が来るまで待ってもらえるようにお願いしましょう。

その他にも確認しておくと良い事がいくつかあるので、もしもの為にもよく理解しておきましょう。

事故直後に確認する11つ

運転免許証 住所、氏名、生年月日を確認します。
ナンバープレート ナンバープレートを確認します。
加害者の勤務先 連絡先として勤務先も聞いておきましょう。
加害者の車検証 車検証の確認をしましょう。
自賠責証明書 自賠責証明書の証明番号を確認しましょう。
自動車保険会社 自動車保険の加入状況を確認しましょう。(保険会社と加入年月日)
被害状況 被害状況を確認しましょう。
現場状況 道路状況を確認しましょう。
事故状況 車の位置関係などを確認しましょう。
目撃者の住所・氏名・目撃内容 目撃者が入る場合は、住所・氏名と目撃内容を確認しておきましょう。
加害者の言い分 加害者の言い分を記録しておきましょう。(録音しておくとなお良い)

自動車保険一括見積もり人気ランキング

保険スクエアbang! 自動車保険

「保険スクエアbang! 自動車保険」で保険料が70,750円→28,450円と42,300円も安くなりました!

保険料試算

満期日の90日以上前から予約できる予約機能

特約が細かく選べる

保険の窓口インズウェブ

「保険の窓口インズウェブ」は、提携している保険会社が一番多い一括見積もりサービスです。

保険会社20社と提携

総利用者数800万人の実績

NTTイフの自動車保険

「NTTイフの自動車保険」は、特典が充実していて見積もり結果の数が多い一括見積もりサービスです。

満足度の高い5大特典

見積もりの結果が多い

 - 事故発生